母子健康協会 > 小児医学研究への助成
小児医学研究への助成


母子健康協会では、小児医学の進歩と小児の健康増進への寄与を願って、
1988年(昭和63年)から小児医学研究に携わる研究者に対して助成を行っています。

大学・研究所・病院関係者、またはそれらの共同研究者を対象に、
子どもの健康の増進、疾病の予防とその治療に役立つ研究を対象としています。

2015年(平成27年)度現在、助成件数は323件にのぼり、助成総額も4億4千万円となりました。また研究テーマも多岐に渡っています。

助成対象の選考は、大学小児科教授などよりなる当協会選考委員会で選考し、理事会にて決定しています。研究成果は毎年、報告書にまとめて研究機関に提供していますが、専門家からも高い評価を受けています。

最新の助成対象研究課題一覧
  • 小児医学研究助成募集要項はこちら PDF PDF形式
  • 小児医学研究助成応募用紙はこちら PDF PDF形式 / Word Word形式
  • (お好みのファイル形式を右クリックし、「名前を付けてリンク先を保存(K)...」を選ぶとダウンロードできます。)
母子健康協会 > 小児医学研究への助成
事業内容のご紹介 協会の概要活動の概要設立の経緯協会のあゆみ健康優良幼児表彰の歴史
最近の活動のご紹介
小児医学研究への助成 機関誌「ふたば」の発行シンポジウムの開催 Link:Glico