お酒の話
ビールの話
  • ビールの話
  • ビールの種類と特徴
  • 下面発酵
  • 上面発酵
  • 自然発酵
  • ビールと発泡酒
  • ビールと発泡酒の違い
  • ビールの歴史
  • ビールの歴史について
  • ビールの楽しみ方
  • ビールの適温
  • ビールの注ぎ方
  • 泡とグラス
  • 油分大敵
  • ワインの話
  • その他の洋酒の話
  • 日本酒・焼酎の話
お酒の話TOP  >  ビールの話TOP  >  ビールの種類と特徴|下面発酵
ビールの種類と特徴を醸造法別にご紹介します。
  • 下面発酵
  • 上面発酵
  • 自然発酵

下面発酵酵母を使用し、低温でじっくり時間をかけて発酵を行い、発酵が終わると酵母がタンクの底に沈降するのでこの名が付けられています。19世紀以降世界的に主流となっているビール。
淡色ビールピルスナー

ピルスナーはチェコのピルゼン地方で生まれた淡色ビールの代表格。シャープなホップの苦味とフレッシュな喉越し、きめ細かい泡が特徴。世界で最も普及しているビールがこのタイプ。

ドルトムンダー

ドルトムンダーはドイツのドルトムント地方のビール。ホップとモルトの風味は穏やかで、適度な苦味とモルトの甘みが調和している。

アメリカン

アメリカの一般的ビール。コーンやスターチなど副原料を使用し、苦味を抑え、炭酸ガスを強めにし、清涼感を強調したすっきりとした味わい。

中等色ビール ウィーン(ウインナー)

ウィーン(ウインナー)はウィーン地方のビールで黄金ないしは淡褐色。ミュンヒナーより甘味とコクは少ない。

濃色ビール ミュンヘンラガー(ミュンヒナー)

ミュンヘンラガー(ミュンヒナー)は19世紀の後半にドイツのミュンヘンで発達した濃色ビールで、ホップの苦味より、麦芽の旨味が特徴。ミュンヘン麦芽と色麦芽を使用。

ボック
ボックは北ドイツのアインベックが発祥の地。ホップの苦味が強く、コクがありアルコール度数が高い。ドッペルボック(2倍のボック)というさらに濃厚なビールもある。

世界の伝統的なビール

監修:橋口孝司
ビールの話TOP<BACK NEXT>上面発酵
お酒の話 ビールの話 ワインの話 その他洋酒の話 日本酒・焼酎の話
未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲みすぎには注意しましょう。