知る・楽しむ > 健康科学研究所 > 研究&実験アーカイブ > 歯についての研究 > 1-3.歯の組成

1.むし歯になるしくみ|1-3.歯の組成

さて、歯の脱灰、再石灰化、ということばが出てきましたが、実際に歯はどんな物質でできているのでしょうか。 エナメル質、象牙質、ということばはご存知ですか?
歯は、下の図のように、表面をエナメル質という組織で覆われています。初期むし歯や軽いむし歯は、このエナメル質の部分が酸によって侵されることにより起こります。 エナメル質はほとんどがハイドロキシアパタイトでできています。象牙質も約70%がハイドロキシアパタイトでできています。ハイドロキシアパタイトとは、カルシウムとリン酸からなる、硬い結晶を指します。

エナメル質・ハイドロキシアパタイトイメージ図

ハイドロキシアパタイトの化学式

ハイドロキシアパタイトは、カルシウム10分子に対して、リン酸6分子の構成でできています。

ハイドロキシアパタイトの化学式

すなわち、リン酸に対するカルシウムのモル比
(分子の数の比率)は、1.67となります。(10/6)


まとめ

< 文献 >

「イラストでみるこれからのむし歯予防」 花田信弘監修 砂書房

NEXT 1-4.むし歯と初期むし歯
ページトップへ戻る

知る・楽しむ > 健康科学研究所 > 研究&実験アーカイブ > 歯についての研究 > 1-3.歯の組成