知る・楽しむ > 健康科学研究所 > 研究&実験アーカイブ > ヘスペリジン > 8-2.実験結果

8.皮膚状態の改善ー8-2.実験結果

皮膚状態改善の実験結果

「糖転移ヘスペリジン」を配合したコラーゲン飲料は、眼の下の水分量を増加させ、水分蒸散量を低下させることで保湿性を高めました。また、頬の弾力性が向上し、目尻のしわを減少させることも分かりました。

しわの変化例

しわの変化例 イメージ

水分蒸散変化率

水分蒸散変化率 グラフ

頬の弾力性変化率

頬の弾力性変化率 グラフ

実験結果 この実験結果から、コラーゲンのみを摂取するよりも、「糖転移ヘスペリジン」と一緒に摂取することにより、皮膚状態の改善効果が高くなるということが分かりました。

< 文献 >

南利子、宅見央子、藤嶋昇、白石浩荘、米谷俊 FRAGRANCE JOURNAL 2008-4、68-71

コラーゲンをおいしく有効活用するために

イラスト

皮膚の弾力性や柔軟性に関係するコラーゲンは、加齢や光老化により減少するため、体内のコラーゲン量を高めることは皮膚状態の改善および老化防止において極めて重要です。今回の実験では、コラーゲンと一緒に「糖転移ヘスペリジン」などの血流改善作用をもつ成分を同時に摂取することにより、コラーゲンを単独で摂取するよりも皮膚状態の改善効果が高いという結果が得られました。

また、コラーゲンなどの栄養成分を日々継続して摂取するためには、おいしい食品や飲料の形で摂取するほうが続けやすいと考えられます。コラーゲンは豚由来や魚由来などの起源や抽出方法によって、味や臭いの強さに違いはあるものの、特有の風味をもち、基本的に飲みにくいものです。 従って、摂取したコラーゲンを体内で有効活用できる成分と一緒に摂取することにより、有効性と嗜好性の高いコラーゲンの補給食品が作られることが期待できます。

NEXT 8-3.コラーゲン豆知識
ページトップへ戻る

知る・楽しむ > 健康科学研究所 > 研究&実験アーカイブ > ヘスペリジン > 8-2.実験結果