プレ熟流オリジナルレシピTOPへ

木の実たっぷり!ヘルシー&スタミナ薬膳カレー

ナッツといっしょに炒めたえびが入った風味豊かなルウを、中華だしの炊きこみごはんが引き立てる!

材料(2人分)

《炊きこみごはん》
1合
大麦大さじ1
200cc
八角2個
干しエビ大さじ1
干しシイタケ1個
中華スープの素小さじ1/2
生姜1かけ
にんにく1片
ナッツ
(くるみ・カシューナッツなど)
合わせて20g
ごま油大さじ1
《カレー》
えび8尾(80g)
酒(または紹興酒)小さじ1
玉ねぎ1/2個
ごま油適量
プレミアム熟カレー(辛口)1/4箱
(2個=40g)
300cc
《トッピング》
松の実・クコの実適量
糸唐辛子適量

作り方

  • 1. 干しシイタケは水に浸して戻し、細かく刻む。炊飯器に洗った米、水、中華スープの素、干しエビ、刻んだ干しシイタケ、八角をいれて通常通り炊く。
  • 2. エビは皮を剥いて背ワタをとり、酒を揉みこむ。玉ねぎは一口大に切る。にんにくと生姜はみじん切りに、ナッツは、粗く刻み、乾炒りする。
  • 3. フライパンにごま油半量(大さじ1/2)をいれて弱火にかけ、にんにく、生姜、ナッツをいれて香り良く炒める。一度取り出し、同じフライパンで残りのごま油(大さじ1/2)を加え、エビを炒めて色が変わったら取り出す。
  • 4. そのままのフライパンでごま油(適量)を足して、玉ねぎを炒める。水、ルウを入れて溶かし、(3)のエビを加えてとろみがつくまで弱火で煮込む。

《盛り付け》

  • (1)のご飯が炊けたら、(3)の炒めたにんにく、生姜、ナッツを加えてさっくり混ぜて器に盛る。(4)のカレーをかけ、トッピングの食材を上にのせる。

PROFILE

白木あきこ
京都を愛し東京に恋をする京女。
2000年より東京&京都を中心に全国のグルメと旅を綴るサイト「追求!美食道」を主宰し、アンテナの高い女性たちを100名以上組織。
一方、仕事でも10数年以上編集者、ライターとして素材、産地から栄養、安全にわたって食全般を俯瞰し、メディア連載、寄稿多数。
日経新聞土曜版「プラスワン」ランキング選者、「おとりよせネット」のおとりよせの達人などをつとめ、ナビゲーターやコーディネーターとしてテレビ、ラジオに出演、企画などにもかかわる。
得意分野は京都、お取り寄せ、宿。よく行くお店はすべての中華、しっかりソースのフレンチ、本格和食、天ぷら。好きな食べものは野菜、フルーツ、お肉、チーズ、シャンパーニュ&日本酒。
ナチュラル&ヘルシーなお店を「キレイになれるレストラン」として探究中。
春は山菜、夏はスイカ、秋は上海蟹、冬はジビエが季節のお楽しみ。主婦歴25年、料理も好き!
公式ブログ

あなたにとってカレーとは?

「オマエの作るカレーはマズイ」
そう(元)夫に言われた日から、私はショックでカレーを作れなくなった。彼が求めていたのは市販のルウを使ったニッポンの素直な甘口カレー。スパイスを駆使し、ひねった「隠し味」を入れた私のカレーはそれなりに美味だと思ったが、彼好みのカレーとはかけ離れていたのだった。
あれから20年以上がたち、カレー作りも復活。特に鍋に残したカレーで作るカレーうどんがたまらなく好き!「隠し味不要」というこのカレーを、(現)夫に食べてもらったら「いいね!美味しいよ。でも中華風にするなら具にチャーシューを使ってみてもいいんじゃない?」とのこと。よろしければお試しください(笑)

その他のオリジナルレシピ

一覧を見る