プレ熟流オリジナルレシピTOPへ

みんなでわいわいバイキング(具)カレー

家族と、友達と。バイキングスタイルで楽しめる!ルウの具材は玉ねぎと合い挽き肉でシンプルに。

材料(4人分)

《カレー》
合いびき肉150g
玉ねぎ1個
プレミアム熟カレー(甘口)1/2箱
(4個=80g)
550cc
サラダ油大さじ1/2
《野菜》
なす1本
トマト1/2個
ピーマン2個
かぼちゃ100g
エリンギ1本
オリーブオイル大さじ2
適量
《肉》
牛ロース薄切り肉100g
豚バラ厚切り肉150g
鶏もも肉100g
ソーセージ4本
肉団子8個
サラダ油適量
《主食》
ごはん400g
スパゲティ(乾)200g
オリーブオイル大さじ1
《お好みで》
福神漬け適量
らっきょう適量

作り方

《カレー》

  • 1. 玉ねぎはみじん切りにする。
  • 2. 鍋にサラダ油を引いて中火にかけ、玉ねぎを炒める。玉ねぎが透き通ってきたら、合いびき肉を加えて色が変わるまで炒める。
  • 3. 水を加えて沸騰したらあくを取る。いったん火を止めてから、ルウを入れて溶かす。再び弱火にかけ、とろみがつくまで煮込む。

《野菜》

  • なすは縦6等分に切る。トマトはくし切りする。ピーマンはヘタを取り、縦4等分して種を除く。かぼちゃは3mm厚に切る。エリンギは縦4等分にする。天板に野菜を並べてオリーブオイルと塩をかけ、180度に余熱したオーブンで10分焼く。

《肉》

  • 1. 牛ロース薄切り肉、豚バラ厚切り肉、鶏もも肉はそれぞれ食べやすい大きさに切る。フライパンにサラダ油を引いて中火にかけ、肉を炒める。
  • 2. 半分に切ったソーセージを中火でフライパンで焼く。ソーセージと肉団子は串(ピック)に刺す。

《主食》

  • ごはんは一口サイズに丸める。
    スパゲッティを袋の表示時間通りに塩茹でし、オリーブオイルを絡める。

《盛り付け》

  • カレーは鍋のまま食卓に出し、野菜、肉、主食は大皿にそれぞれ盛る。お好みのものを取り分けて食べる。

PROFILE

飯塚 敦(はぴい)
ライター。ビデオブロガー。
食関係、特にカレーに特化した取材執筆、デジタルガジェットについての取材執筆を行う。
カレーをテーマとしたライフスタイルブログ「カレーですよ。」を2005年2月に開設、10年目で総記事数約3800。
実食カレー記事と実食動画を中心とした構成で、読者の人気と信頼を得る。
2010年6月よりトークライブ「印度百景」定期開催、継続中。
アイティメディアのキュレーションメディア「ワントピ」にてカレーキュレーターとしても活動。更新頻度はキュレーター随一を誇る。
2009年、インドの土釡を自作する「ポータブルタンドールプロジェクト」を立ち上げ。その取材で09年秋、渡印。
渡印の折、iPhone3GSを購入、ビデオ撮影と編集に開眼。
ビデオブロガーとしても活動。
現在YouTubeチャンネルにカレー店紹介を中心とした1300本を超える動画作品を持つ。
公式ブログ

あなたにとってカレーとは?

夏のイメージと言われるカレーライスは子供達にとっては夏だろうが正月だろうがおかまいなしにうれしいメニューの筆頭だ。学校から帰って家中がカレーの匂いに満たされていたときのあの喜びと言ったらない。恥ずかしながら大人になってもその感覚は変わっていない。ランチを外食のカレーで済ませた夜にあの匂いが玄関からやってきても不思議と落胆はない。職業柄外食カレーの頻度が多いのだが家のカレーというのはどうも別の価値を持つらしい。それもこれも日本のお母さんたちが子供を喜ばせようと工夫を凝らしてくれたからこそ。家族でワイワイと食べるのも楽しかった。カレーライスにはいつでも家族の記憶がほんのり香るのだ。そんな思いで今回のレシピを考えた。

その他のオリジナルレシピ

一覧を見る