プレ熟流オリジナルレシピTOPへ

季節野菜のプレ熟カレークレープ

焼きたてクレープにキーマカレーがマッチ、
ポーチドエッグをトッピングしてまろやかな味わいに。

材料(2人分)

《クレープ生地》
クレープミックス100g
2個
牛乳200cc
サラダ油大さじ1
《キーマカレー》
豚ひき肉200g
玉ねぎ1/2個
プレミアム熟カレー(中辛)1/4箱
(2個=40g)
200cc
オリーブオイル大さじ1/2
《焼き野菜》
オクラ2本
ズッキーニ1/3本
なす1/2本
トマト1個
かぼちゃ60g
オリーブオイル大さじ1
《ポーチドエッグ》
2個
少々

作り方

《クレープ生地》

  • 1. ボウルにクレープミックスと卵を入れ、泡立器でよく混ぜ合わせる。
  • 2. 牛乳を2〜3回に分けて加え、生地がなめらかになるまでよく混ぜ合わせたら、サラダ油を加えてさらに混ぜる。
  • 3. フライパンを中火で熱し、サラダ油を薄く引く(分量外)。フライパンを火からおろし、(2)をお玉で軽く1杯流し入れ、フライパンを傾けながら手早く回して全体に薄く広げる。
  • 4. 表面が乾いてきたら竹串でまわりをはがして裏返し、サッと焼く。これを4枚作る。

《キーマカレー》

  • 1. 玉ねぎはみじん切りにする
  • 2. フライパンにオリーブオイルを引いて中火にかけ、玉ねぎ、豚ひき肉を色が変わるまで炒める。
  • 3. (2)に水、ルウを入れて溶かし、水気が少なくなるまで炒める。

《焼き野菜》

  • 1. オクラは縦半分に切る。ズッキーニは3mm厚の輪切りにする。なすは3mm厚の輪切りにして水にさらす。トマトはくし切りにし、横半分に切る。かぼちゃは3mm厚に切る。
  • 2. フライパンにオリーブオイルを引いて中火にかけ、(1)の野菜を焼く。

《ポーチドエッグ》

鍋にたっぷりのお湯を沸かして酢を加え、卵を割りいれ、丸く成形しながら白身が固まるまで茹でて水気を切る。

《盛り付け》

皿にクレープ生地を2枚重ねて敷いて、中央に焼き野菜とキーマカレーを盛る。生地の四方を少し折りたたみ、ポーチドエッグをのせる。

PROFILE

スイーツ番長
2007年にSTARTした「男のスイーツブログ」が、強面のルックスとスイーツとのギャップと見識、そして個性的な文体と美しい写真による独自のスイーツ評が耳目を集め、スイーツ男子のブームを巻き起こす。テレビ、ラジオ、雑誌、ネットコンテンツなどでも活躍するほか、スイーツなどのプロデュース、催事、イベント等のディレクションを精力的に展開、たべあるキング主宰。
日本経済新聞社電子版「日経スイーツ選定委員会」発足メンバー。著書に「男のパフェ」(日本出版)、「スイーツ番長の至高の10大スイーツ」(東京書籍)、「手みやげスイーツ100選」(東京地図出版)。TSUTAYA.com eBOOKs「ガチで美味しいパンケーキBest34 首都圏版」では自ら電子書籍の編集人も勤める。
スイーツ関連書籍も執筆し、2010年に刊行した「男のパフェ」は、その後、飲食業界にグルメ志向の「大人のパフェ」ブームを創りだした。
公式ブログ

あなたにとってカレーとは?

赤と黄のタータンチェックに、ニッコリ微笑むコック帽の外国人が描かれた箱「グリコワンタッチカレー」。発売当時は市販のカレールウは板状のものが主流で、ワンタッチカレーは板チョコのようにブロック状に割りやすく加工されていたのだ。思えば、小学生低学年の頃、このカレールウをクンクンと嗅いでいたのを思い出す。チョコみたいな形のルウがカレーの香りがして不思議でならなかったのだ。スイーツ番長の片りんがこのころから現れていたのか(笑)。それが俺のカレーの原風景だ。というわけで、チョコレートでとはいかないが、スイーツ番長らしく人気スイーツの「クレープ」生地で、大人が楽しめるレシピを考案してみました。

その他のオリジナルレシピ

一覧を見る