お酒の話
ワインの話
  • ビールの話
  • ワインの話
  • ワインの種類
  • 色や発泡酒による分類
  • 製造法による分類
  • 主なブドウ品種
  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ワインの産地
  • 主な産地
  • ワインの楽しみ方
  • 代表的なワイン瓶の形
  • 代表的なワイングラスの形
  • テイスティングの仕方
  • ワインの飲み頃温度
  • ワインの正しい保管方法
  • その他の洋酒の話
  • 日本酒・焼酎の話
お酒の話TOP  >  ワインの話TOP  >  ワインの楽しみ方|テイスティングの仕方
テイスティングの仕方についてご紹介します。
  • 代表的なワイン瓶の形
  • 代表的なワイングラスの形
  • テイスティングの仕方
  • ワインの飲み頃温度
  • ワインの正しい保管方法

高級レストランなどでワインをボトルで注文した際、コルクが抜かれた後に少しだけグラスに注がれ、テイスティングを求められる場合があります。これは、ワインに劣化・腐敗がないかどうかを確認するための儀式。特に不快な香りや味がしなければ、「大丈夫です」とサービスを促して下さい。

もし輸送中や保存中に劣化していた場合や、コルクが原因で品質に支障がある場合には、別のボトルを開けてくれます。

お好みの味かどうかを確認するための試飲ではないため、「イメージした味と違う」などの理由でワインの変更はできませんのでご注意を…。

以下、一般的なテイスティングの流れについて簡単にご説明します。

STEP1

ソムリエが、注文した品であることをラベルを見せて確認した後、抜栓してホスト(あなた)のグラスに少量注いでくれます。

STEP2

グラスの足の部分か土台のベースを持ち、できればテーブルクロスなど白い物を背景に、少し傾けてにごりや異物がないか確認しながら色を見ます。

赤ワインの場合、一般的に若いワイン程紫がかった赤やルビー色に輝き、熟成が進むにつれ微かに褐色を帯びるようになります。白ワインの場合は一般的に麦わらの様な黄色で、甘口タイプの場合は黄味を帯びた金色もあります。ロゼの場合は、薄いピンクから深みのあるバラ色までいろいろあります。

 
STEP3

グラスに鼻を近づけて香りを嗅ぎ、異臭がないかを確かめます。次にグラスを小さく円を描くように回して香りを立て、深く息を吸うようにして嗅ぎます。なお劣化したワインは不快な香りがするため、注いだ時点でソムリエが気づいて下げることもあります。

STEP4

ワインを一口、口に含んで舌の上で軽く転がします。異常に酸っぱい等の違和感を感じたら、ソムリエに確認してもらいます。問題がなければソムリエに向かって軽くうなずくか、お願いしますと伝えましょう。これでテイスティングは終了。他の人のグラスにもワインが注がれます。

監修:橋口孝司
代表的なワイングラスの形<BACK NEXT>ワインの飲み頃温度
お酒の話 ビールの話 ワインの話 その他洋酒の話 日本酒・焼酎の話
未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲みすぎには注意しましょう。