食塩相当量とナトリウムとは

 "塩味"は、料理のおいしさを左右します。この「塩」すなわち食塩は、ナトリウムと塩素からできています。食塩相当量とは、次の計算式で、食品に含まれているナトリウム量を食塩の量に換算した値です。

ナトリウム(mg)×2.54÷1,000=食塩相当量(g)

どんな働きをするのですか

 食塩は生命の維持に欠かせないナトリウムと塩素からできています。ナトリウムは、体内の水分量をいつも適切な状態に調節したり、神経や筋肉を正常に動かすために働いたりする重要な役割をします。一方、塩素は胃液などの成分になります。

生活習慣病の予防には減塩が大切

 食塩は、広く自然界の食べ物のほとんどに含まれていますから、普通の生活では不足する心配はまずありません。ただし、スポーツなどをして大量の汗をかいたり、おう吐や下痢をしている場合には、たくさんのナトリウムが失われてしまうので適切に補給することが必要になります。
 一般的に問題となるのは、食塩のとり過ぎの方です。食塩をとり過ぎる食生活では、高血圧や胃がんなどの様々な生活習慣病をまねくおそれがあります。
 国民健康・栄養調査結果による1日あたりの食塩摂取量は、5年前と比較して男性で約0.5g、女性で約1g減少しています(平成22年、23年の中央値:男性10.5〜11.8g、女性8.8〜10.0g)。しかし、食事摂取基準の成人の「目標量」は男性9g/日未満、女性7.5g/日未満であり、男女ともおよそ7割の人がこの目標量を超えています。急な減塩をして食欲をおとしてしまうことは問題ですが、私たちはもっと「うす味」の食生活に切り替えて、食塩を減らしていく必要があります。まずは、かけしょう油やかけソースなどの量を控えること、めん類の汁を飲み干さないことなど、できることからはじめましょう。

食塩相当量・ナトリウムの食事摂取基準をみる
 
栄養成分ナビゲーター