グリコはテニスプレイヤー 越智 真選手を応援しています。

ITFフューチャーズ試合結果     2015/06/05

(越智)

皆さん、こんにちは。越智真です。

6/1から4週間連続で日本で開催されるITFフューチャーズ大会がスタートしました。

第1戦は、軽井沢会テニスコートで開催されている
ITF公認の軽井沢フューチャーズテニストーナメントに参戦しました。
軽井沢フューチャーズ.jpg

軽井沢会テニスコートは、軽井沢のリゾート地にある静かな土のテニスコートで、
天皇陛下がテニスをされた有名な所だそうです。

クラブハウスも有名な建築家が立てたヨーロッパにある様な感じの建物でした。
クラブハウス.jpg

今回は、ITFフューチャーズ大会の本戦に初めてストレートインできたので、
予選が免除され本戦からの出場となりました。

本戦1回戦は、前回大会のタイバンコクの本戦1回戦で負けている
今大会の第2シードの小野澤選手でした。

第1セットは、前回と同じく3-6で失いましたが、
第2セットの序盤にきたチャンスを生かして6-2、
ファイナルセットは後半までリードされましたが最後に逆転して6-4で勝ちました。

本戦2回戦は、アメリカを拠点にしている田沼選手に7-5,6-4のストレートで勝ち、
本戦3回戦は亜細亜大学の田中選手に6-1,7-5のストレートで勝ち、
ITF大会の初めての準決勝に進出しました。

第5シードの奥選手との準決勝は、第1セット序盤から一気に飛ばして6-2で先取しましたが、
第2セットの序盤に展開のスピードを上げたところで、相手にペースを奪われてしまい2-6、
ファイナルセットも最後までペースを取り戻すことが出来ずに4-6で負けてしまいました。

初めての準決勝を勝ちきることが出来なかったのはとても残念ですが、
明日(6/6)から千葉の柏市でITFかしわ国際オープンテニストーナメントの予選がスタートするので、
気持ちを切り替えて、準備をしたいと思います。

第2戦も一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします!
軽井沢会.jpg 越智真.jpg

試合結果(ITFフューチャーズ大会)     2015/05/07

(越智)

皆さん、こんにちは。越智真です。

4/14から4日間、東京のナショナルトレーニングセンターで、
プロの先輩方と一緒に走り込み中心の合宿を行いました。
1.jpg


雨の日が多かったのですが、陸上用のトラックもテニスコートも屋根があるので、
十分に体を追い込むことが出来ました。

そして、4/22から2週間の予定で、
タイバンコクのITFフューチャーズ大会2大会に参戦しました。

バンコクのデイゲームはとても蒸し暑くて、
毎日夕方近くにあるどしゃ降りのスコールで試合中断や延期があって、
集中力を保つのが難しいです。

スコールの時は、会場のラマガーデンホテルのジムで、ランニングや体幹トレーニングをして過ごしています。
 2.jpg
3.jpg

第1戦の予選1回戦はカナダの選手、2回戦はスイスの選手にストレートで勝って、
プロサーキット2度目の本戦出場を決めました。
4.jpg

本戦1回戦は、地元タイの選手に、7-6(4),6-3のストレートで勝ちました。
試合の中盤に相手選手の正確なコントロールと安定したプレーに危ない場面がありましたが、
プレーのスピードを上げる事で振り切ることが出来ました。
5.jpg
本戦2回戦は、ベトナムの選手に、5-7,2-6で負けてしまいました。
サービスゲームの組み立てがうまくいかなかった事と、
勝ちたい気持ちが強くなり過ぎて、守ってしまった事が敗因になってしまいました。

そして、試合がなかった4/30に、
タイグリコのバンコクオフィスを訪問させて頂きました。
6.jpg

タイグリコの高垣社長様をはじめ、多くの社員の方々に歓迎して頂いたり、
創業者の江崎利一様の写真の前で記念撮影をさせて頂いたりと、
大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。
7.jpg

8.jpg  
タイグリコの皆さん、ありがとうございました!

第2戦の予選1回戦は地元タイの選手、
2回戦はフィリピンの元ジュニア世界ランク9位の選手にストレートで勝ち、
本戦出場を決めました。

そして、本戦1回戦は、
第5シードの日本の小野澤プロに3-6,3-6のストレートで負けてしまいました。

今回のタイへの遠征では、
蒸し暑さとなかなか簡単にポイントが決まらないコートサーフェースに苦しみましたが、
その中で多くの課題を見つけることが出来ました。

今は早く帰国して、
課題の一つ一つを克服するための練習に取り組みたい気持ちでいっぱいです。

6月から日本での4連戦が始まります。応援よろしくお願いします!

PS.大会期間中にタイで誕生日を迎えて、19歳になりました!

ちなみに、18歳の誕生日はルーマニアの大会、
17歳の誕生日はモロッコの大会期間中でした。

高校を卒業し、気持ちを新たに   2015/4/10

(越智)

皆さん、こんにちは。越智真です。

3年間、お世話になったNHK学園高校の卒業証書が届きました。
卒業証書 (1).jpg

3/22に東京のNHKホールで卒業式があったのですが、
ちょうど甲府国際オープンの試合中で、
卒業式には出席できませんでした。

この3年間は、テニスの海外遠征が多かったので、
高校は通学ではなく、通信の単位制を選びましたが、
担任の先生方から丁寧なサポートを頂いたおかげで、
無事3年で卒業することが出来ました。

それから4/6に、ATPのコンピューターランキングが更新されて、
ATPランキングに初めて名前が載りました。
ATPランキング (2).jpg

今年は、この世界の頂点に繋がっているATPランキングの階段を、
一気にかけ上がって行きたいと思っています。

そして、プロフィール写真が必要だったので、
高校卒業と初ATPランキングの記念をかねて、
近くの写真館で写真を撮ってもらいました。

記念写真① (2).jpg

記念写真② (2).jpg

来週は、東京で4日間の強化合宿を行う予定です。
その後は、また連戦が続きますが、一生懸命頑張ろうと思います。

応援、よろしくお願いします!

試合結果(3月) 
<早稲田フューチャーズ大会で本戦ベスト8進出!>        2015/03/23

(越智)

皆さん、こんにちは。越智真です。

3/4から3/22まで、
日本で開催されるITF公認のフューチャーズ大会の亜細亜大学国際オープン、
早稲田フューチャーズ、甲府国際オープンの3大会に出場しました。

どの大会も試合会場は大学のテニスコートで、
大学生の方々が大会運営をしていて、
とてもアットホームな雰囲気の大会でした。

第1戦の亜細亜大学国際オープンは、
出場権を獲得するためのプレ予選で優勝して、
主催者推薦で予選に出場させて頂きました。
  
亜細亜.jpg

亜細亜練習.jpeg

結果は、予選1回戦で相手の素晴らしいプレーに押しきられ、
2-6 5-7で負けてしまいました。

調子が良かっただけに残念でしたが、
新しい課題と修正点を見つけることが出来たのは良かったと思います。

第1戦の予選で負けてしまったので、
急きょ、第2戦のプレ予選に出場させて頂きました。

1日で5試合を戦うという、
体力的にも精神的にも消耗の激しいプレ予選でしたが、
優勝して予選出場権を獲得しました。

予選1回戦の相手は、
第1戦の亜細亜大会の本戦でベスト8に勝ち上がった
オーストリアの強敵でしたが、2-6 6-4 6-2で逆転して勝ちました。

予選決勝は、6-3 6-0で勝ち、
初のフューチャーズ大会の本戦への出場を決める事が出来ました。

本戦1回戦の相手は、
フロリダのIMGテニスアカデミーの中川直樹君になりました。

中川君は今年1月にプロに転向した同じ18歳の選手で強敵です。

注目の試合ということで、会場には、たくさんの観客の方々、
スポンサーの関係者の方々や取材の方、テレビカメラも何台も入っていて、
緊張感の高まる試合でした。

早稲田注目カード.jpg
(早稲田注目カード)

早稲田中川戦.jpg  

早稲田売店.jpg

(早稲田の売店にて)

結果は、6-2 7-5のストレートで勝って、
初のATPポイントを獲得して、
世界ランカーの仲間入りをすることが出来ました。

このATPポイントは、本戦の1回戦を勝たないと獲得出来ないので、
本戦の相手が誰でも絶対に勝つ!という強い気持ちで
戦う事が出来たのが良かったと思います。

本戦2回戦の相手は、慶應大学の上杉選手で、
3時間の長い戦いの結果、5-7 6-4 7-6(5)で逆転勝ちでした。

本戦3回戦の相手は、27歳の台湾のイ選手で、
サウスポーからのサーブが強力なテクニシャンでした。

結果は、1-6 6-4 2-6で負けてしまいました。

前日の長い試合の疲れが全身に残っていて、
最後まで戦う力が残っていませんでした。

試合に負けたので、そのまま甲府に移動して、
翌日の3/21から第3戦の甲府国際オープンに出場しました。

甲府国際.jpg

甲府国際会場.jpg

甲府国際予選②.jpg


甲府国際オープンの会場は、
山とブドウ畑に囲まれた自然の中なのですが、
大学の施設とは思えない程の立派な会場でした。

予選1回戦は、中国の選手に4-6 6-4 6-4で逆転勝ちしましたが、
全身の筋肉に疲労がたまっていて、試合中は右足に力が入らない状態でした。

予選2回戦は、第2戦の早稲田で本戦ベスト8に入った強敵でした。

結果は、6-2 0-6 0-1のファイナルセットの途中で棄権しての敗けとなりました。

全身の筋肉の疲労から、
左足のアキレス腱と右のひざ、左腰、背中と試合中に
どんどん痛みが広がっていって、試合を続ける事が出来ませんでした。

3/4の亜細亜のプレ予選から今日まで、19日間で17試合を戦って、
14勝3敗で、今回の最低限の目標のATPポイントを獲得出来たのは良かったです。

そして、プロの先輩方との試合や練習を通じて、
プロで戦っていく自信や新しい技術を身につけることも出来ました。

ただ、最後まで体力が持たなくて
試合を途中棄権してしまったのは大きな反省点です。

今年は、海外遠征も含めてたくさんの試合を戦う予定なので、
しっかり休養を取って、もう一度、体を作りなおす予定です。

最後に、亜細亜大学、早稲田大学、山梨学院大学のテニス部の監督、
コーチ、部員の皆さん、ITFのスーパーバイザー、
それから今回は特に試合後の体のケアをして頂いたオフィシャルトレーナーの皆さん、
試合期間中は、大変お世話になり、ありがとうございました。

来年も、よろしくお願いします。

前の4件 1  2  3  4  5  6  7  8

グリコはテニスプレイヤー 越智 真選手を応援しています。

グリコはテニスプレイヤー 尾﨑里紗選手を応援しています。