グリコはテニスプレイヤー 越智 真選手を応援しています。

韓国チャレンジャー大会を終えて 2018.5.18

(越智)

皆さん、こんにちは、越智真です。

日本のフューチャーズ大会のかしわ国際と松山国際は、残念ながらベスト4という結果でしたが、2/17の京都チャレンジャーから8大会を連続戦う中で、メンタルとフィジカルを何とか維持できたことは、大きな自信となりました。
そして、自分のテニスの戦い方やショットの打ち方も、新たな発見があった8週間となりました。
松山国際.JPG松山国際の様子

柏から松山へ移動する途中に、銀座の歩行者天国に行きました。
銀座の歩行者天国には、小さい頃に来たことがありましたが、あまり覚えてなくて、大きなビルに挟まれた、広い銀座通りをたくさんの人が歩いていて、ベンチやチェアーに座って、軽食やドリンクを自由気ままに楽しんでいるのが、とても不思議な感じに見えました。
ショップや音楽ライブを観たりして、一日ゆっくりとテニスを離れたオフを楽しむ事が出来ました。
銀座オフ.JPG銀座でのオフショット

4/27に韓国に移動して、ソウルチャレンジャー、Gimcheonチャレンジャー、釜山チャレンジャーの3大会に出場しました。
ソウルチャレンジャー①.jpg ソウルチャレンジャー②.jpgソウルチャレンジャーの様子

ソウルチャレンジャーは、予選3回戦を勝ち上がり、本戦1回戦で台湾のJUNG選手に負けてしまいました。
翌週のGimcheonチャレンジャーは、予選3回戦を勝ち上がり、本戦3回戦の準々決勝で西岡選手に負けてしまい、ベスト8でした。
Gimチャレンジャー①.jpg Gimチャレンジャー②.jpgGimチャレンジャーの様子

西岡選手との試合中に足首を捻ってしまい、翌日に行われた釜山チャレンジャーの予選1回戦は、1セットを終えたところで、足首の痛みで途中棄権となってしまいました。捻った足首は、大会ドクターの早い治療のおかげもあって、帰国後の検査では、大きな問題も無く、5/15から練習を再開しました。

5/18からシンガポールフューチャーズに出場予定です。

優勝を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします!

甲府国際オープンテニスで準優勝 2018.3.30

(越智)

みなさん、こんにちは、越智真です。

3/5から4大会続く、日本の大学が主催するジャパンフューチャーズに出場しています。

ジャパンフューチャーズへの出場は2年ぶりで、同年代の大学生の皆さんが運営している大会に出場するのは、楽しくもあり、少し違った緊張感があります。

第1戦の亜細亜大学、第2戦の早稲田大学での試合は、自分のペースをうまく掴む事が出来ない試合となってしまいました。
第3戦の山梨学院大学で行われた甲府国際オープンでは、少しずつ自分のペースを掴める試合が出来て、決勝まで勝ち上がる事が出来ました。

越智さんブログ用④.JPG越智さんブログ用③.JPG(甲府国際オープン試合の様子)

決勝戦は、韓国のHong選手で、昨年の韓国での対戦で負けているので、何とかリベンジを果たすつもりで臨みました。
試合は、立ち上がりから勝てるチャンスがたくさんありましたが、結果的には自分でチャンスを手放す形になってしまい、残念ながら、負けてしまいました。

甲府国際オープンでは、大会主催者・関係者の皆さん、スポンサー様、審判やボールパーソンの皆さん、山梨学院大学テニス部の皆さんに大変お世話になり、充実した1週間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。
そして、優勝したHong選手、おめでとうございます!
越智さんブログ用⑥.JPG

今回の悔しい経験を次へのエネルギーに変えて、筑波大学フューチャーズで頑張りたいと思います。

応援、よろしくお願いします!

2018年をスタートしました! 2018/3/2

(越智)

みなさん、こんにちは、越智真です。

年明けから、体づくりの為のトレーニングと連動して、テニスの技術を見直しながら、一つの新しい形に組み上げることに取り組んでいます。

そして、2/24から2018年の初戦となる京都チャレンジャーと慶應(横浜)チャレンジャーの予選に出場しました。
慶應①.jpg 慶應⑤.jpg (慶應チャレンジャーの様子)

結果は、京都は予選1回戦、慶應は予選決勝で負けてしまいました。

新しいテニスを出し切れなかった試合やある程度出せた試合があって、新しいテニスを自分のものにするのに、あともう少し実戦を経験する必要があると感じました。

そんな中でも、慶應チャレンジャーの予選1回戦で、イギリスのBrydan Klein選手に6-4,7-6のストレートで勝てた試合は、自分のテニスが100%でなかったものの、新しく取り組んでいるテニスが機能した結果だと感じることが出来ました。
慶應8.jpg (Brydan Klein選手との握手)
Brydan Klein選手は、昨年の慶應チャレンジャーの本戦ベスト8で、昨年のウィンブルドン本戦にも出場し、先週の京都チャレンジャーの本戦ベスト16と経験豊富な選手なので、その選手にストレートで勝てたことは、収穫の一つとなりました。

また来週から、日本での連戦が続きます。

実践の中で、また新しい発見があって、進化するチャンスがあるのではないかと思っています。

今年も頑張りますので、応援よろしくお願いします!
慶應②.jpg

2018年のスタート 2018/1/4

(越智)

皆さん、こんにちは、越智真です。
昨年9月の韓国チャレンジャーの後、タイフューチャーズ、全日本選手権、兵庫チャレンジャー、トヨタチャレンジャー、トルコフューチャーズと8大会を戦って、2017年予定していた試合が終了しました。

韓国CH.jpg(韓国チャレンジャー)
兵庫チャレンジャー.jpg(兵庫チャレンジャー)
トヨタチャレンジャー.jpg(トヨタチャレンジャー)

テニスの質は上がってきている実感はあるのですが、勝ちきる、という結果にうまく結びつける事が出来ずに、苦しい戦いが続きました。
2017年は、欧米の選手との試合を増やしたり、サーブやストロークの新しい技術を習得したり、新しい戦術を取り入れて、それぞれに手応えはあるのですが、テニス全体が一つにまとまらず、苦戦しました。
例えば、一つの試合の中で、良い流れでポイントを大量連取することもありましたが、バランスを崩して大量失点する等、激しいアップダウンを繰り返して勝利を逃してしまう事が多くありました。
そんな2017年のテニスでしたが、2018年は新たにトライしている事が、一気にまとまってくるのではないかという予感がしていて、楽しみです。

トルコフューチャーズを終えて12/16に帰国して、翌日のGODAI様の港北校で開催されたクリスマスイベントに参加させて頂きました。GODAI様のクリスマスイベントは、多くのテニスファンの方々と直接触れ合うことができる機会なので、毎年楽しみにしています。

イベント①.jpg イベント③.jpg(イベントの様子)

そして、12/25のクリスマスには、大阪梅田のグリコさんに年末の挨拶に行きました。
2017年の結果報告と今後のビジョンを報告させて頂いて、グリコさんからは温かい応援のお言葉と今後のトレーニングに活かせるパワープロダクション活用のアドバイス、クリスマスプレゼントも頂きました。

18歳でプロに転向してから、3年が経って、プロになる前に感じていた不安を感じることはあまりありませんでしたが、自分に足らない課題が次々に現れて、課題に向かい続けた時間でした。
今年は、新たな気持ちで、Challengeです!!
越智選手写真①.JPG

1  2  3  4  5  6  7  8  9

グリコはテニスプレイヤー 越智 真選手を応援しています。

グリコはテニスプレイヤー 尾﨑里紗選手を応援しています。