知る・楽しむ > 健康科学研究所 > 研究&実験アーカイブ > 歯についての研究 > 1-1.むし歯は生活習慣病?

1.むし歯になるしくみ|1-1.むし歯は生活習慣病?

東京医科歯科大学 歯学部 う蝕制御学教室教授 田上順次先生

私たちの体は、毎日の食事によってなりたっています。口と歯、そして舌も、ものを食べるための大切な器官です。そのどれかに不具合があれば、ものを食べることが難しくなります。食べることができないと、健康を維持するのが大変になるだけでなく、食べることそのものの楽しみも味わえなくなり、生活の質(QOL=Quality of Life)が大きく低下してしまいます。
中でも歯はむし歯などによって健康を損ないやすい組織です。口と体の健康のために、むし歯はどうしてなるのか、防ぐにはどうしたらいいのか、専門の先生にお話をうかがいました。

なぜむし歯になるのでしょうか?

むし歯の原因には、感染性の疾患という面と、生活習慣による疾患という面の、
二つがあります。
細菌イメージ 感染症とは、病原性の細菌が体の中で増殖して体によくないことを引きおこすことです。産まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはむし歯を作る細菌がいませんが、大きくなるにつれて大人からうつります。これを防ぐのはなかなか難しいのです。
私たちがものを食べると、細菌はその食べかすを養分にして増殖し、酸を出します。その酸が歯を溶かし、むし歯になるのです。
細菌が原因の疾患ですので、これが感染症といわれるゆえんです。

生活習慣病が原因とはどういうことですか?

口の中にむし歯の原因となる細菌がいても、必ずしもむし歯になるとは限りません。細菌が増殖しないような生活習慣であればよいのです。細菌が増殖してしまう生活習慣をしているとむし歯になります。

むし歯を予防するには、どうすればよいのでしょうか?

むし歯は感染症ですが、インフルエンザのように感染そのものを防ぐのはとても難しいのです。
産まれたての赤ちゃんの口の中には細菌はいません。歯が生えてくるに従って、育ててくれている人から自然に感染するからです。むしろ、細菌がいてもむし歯にならないように、生活習慣を見直すことが大事なのです。

どのような生活習慣だとむし歯になりやすいのですか?

その前に、口の中の「脱灰(だっかい)・再石灰化サイクル」を見てみましょう。

脱灰・再石灰化サイクル

この図のように、口の中では常に脱灰と再石灰化が繰り返されています。 このサイクルが正常に回らなくなり、脱灰の方向にばかり進むとむし歯になります。再石灰化の方向に進むような生活習慣をすることが大切です。

脱灰と再石灰化とはなんですか?

まず脱灰とは、歯を作っているリン酸とカルシウムが歯から溶け出すことです。
食事をすると、食べものかすを養分にして、口の中の細菌が増殖します。歯に付く白いねばねばしたもの、これがプラーク(歯垢)といって、細菌の塊です。
細菌はこのプラークの中で活動し、酸を出します。この酸が歯を溶かし、歯の成分であるリン酸とカルシウムが溶け出してしまうのです。
この状態を初期むし歯(初期う蝕)といい、このままプラークの中が酸性に保たれて脱灰がすすむと、むし歯になってしまいます。

脱灰イメージ

再石灰化とはなんですか?

歯の脱灰した部分にリン酸とカルシウムが補給されて、
歯がもとの健康な状態に戻ることです。
口の中ではこの脱灰・再石灰化サイクルが常にくり返されているのです。

脱灰して一時的に初期むし歯の状態になっても、
また健康な歯に戻ることができるのですね。
再石灰化するための、リン酸とカルシウムはどこから来るのですか?

だ液です。だ液は、歯の健康に大きな役割を果たしています。
だ液の中にはリン酸とカルシウムが含まれています。
ただし、だ液にはリン酸が豊富にあるのに対してカルシウムが少ないので、カルシウムを補ってあげると、再石灰化しやすくなります。

むし歯になりやすい生活習慣とは
脱灰・再石灰化サイクルがうまく回っていないことですね。

そのとおりです。
細菌の好む砂糖の多い食品や、歯を溶かす酸っぱい味のものなどをだらだらと食べると、歯が再石灰化する時間がなくなってしまいます。また、あまり噛まなくても食べられる軟らかいものばかり食べると、だ液が出にくくなります。
また、食べたあとは歯みがきをして歯の汚れを落としましょう。

食後・間食によるプラーク内pHの変化

食後・間食によるプラーク内pHの変化 グラフ だらだら食べとは?

まとめ

いくつになっても「噛む」ことは生きていくために大切な行為です。
また、「噛む」ことの効用もたくさんあることがわかっています。

NEXT 1-2.むし歯をふせぐには
歯についての研究(インデックス)
1.むし歯になるしくみ 1-1.むし歯は生活習慣病? 1-2.むし歯をふせぐには 1-3.歯の組成 1-4.むし歯と初期むし歯 1-5.歯とだ液の関係 2.2.リン酸化オリゴ糖
カルシウムとは
2-1.原料と製造方法 ●各種カルシウム素材の 溶解性の検討 2-2.実験目的と方法 2-3.実験結果 2-4.カルシウムの分布
とはたらき
3.歯の健康に役立つ
リン酸化オリゴ糖カルシウム
●ミュータンスレンサ球菌
によるリン酸化オリゴ糖の
資化性の評価
3-1.実験目的と方法 3-2.実験結果 ●ミュータンスレンサ球菌
懸濁液へのショ糖液添加後
のpH変化
3-3.実験目的と方法 3-4.実験結果
●リン酸化オリゴ糖
カルシウムのプラーク形成
への影響
3-5.実験目的と方法 3-6.実験結果 ●初期むし歯の再石灰化
の検証
3-7.実験目的と方法 3-8.実験結果 4.再石灰化は再結晶化?
SPring-8での検証
●リン酸化オリゴ糖
カルシウム配合ガムを
噛んだ場合の再石灰化
と再結晶化の検証
4-1.実験目的と方法 4-2.実験結果 4-3.結晶量の測定法の開発 ●初期むし歯の再結晶化
効果の証明
4-4.測定目的と方法 4-5.測定結果 5.リン酸化オリゴ糖
カルシウムとフッ化物の
組み合わせによる効果
5-1.より効果的な再石灰化
方法の検討
●リン酸化オリゴ糖
カルシウムとフッ化物の
組み合わせは再石灰化を
促進するか?
5-2.実験目的と方法 5-3.実験結果 ●低濃度のフッ化物は
歯に取り込まれるか?
5-4.実験目的と方法 5-5.実験結果 5-6.フッ化物のはたらきと
むし歯予防
NEW6.リン酸化オリゴ糖が
歯の硬さに与える効果
の検証
6-1.歯の硬さ検証 6-2.実験目的と方法 6-3.実験結果 6-4.硬さからわかること

ページトップへ戻る

知る・楽しむ > 健康科学研究所 > 研究&実験アーカイブ > 歯についての研究 > 1-1.むし歯は生活習慣病?