知る・楽しむ > 健康科学研究所 > 研究&実験アーカイブ > スポーツ科学・栄養 > 2-1.調査目的と方法

2.栄養素摂取について|2-1.調査目的と方法

栄養素摂取の実態調査目的と方法

激しいトレーニングを毎日行なうアスリートにとって、栄養摂取は身体づくりや疲労回復、競技力向上などの点から重要ですが、その実態はあまり知られていません。
トップレベルで活躍する社会人ラグビー選手のトレーニング期におけるサプリメントを含めた栄養素摂取量などの実態を調査しました。

調査期間

1回目(トレーニング期)
平成16年6月8〜14日のうち4日間(練習日3日間+休息日1日)
2回目(調整期)
平成16年8月24〜29日のうち4日間(練習日3日間+休息日1日)

調査対象者

1回目(トレーニング期)
FW4名、BK5名(合計9名)
2回目(調整期)
FW4名、BK7名(合計11名)

調査項目

24時間生活時間記録調査…エネルギー消費量を算出
エネルギー消費量(kcal/日)=基礎代謝量*×生活活動強度

※体重のみを用いた基礎代謝推定式(第六次改定「日本人の栄養所要量」より)

  • 栄養素摂取調査…食事とサプリメントについて自記式食事記録法及び写真撮影より4日間の加重平均を算出
  • 身体状況調査…身長,体重,体脂肪率,筋周囲長
  • 血液検査…肝機能,腎機能,脂質代謝,血液一般,血糖値,免疫・筋疲労マーカー
NEXT 2-2|栄養素摂取について 調査結果
ページトップへ戻る

知る・楽しむ > 健康科学研究所 > 研究&実験アーカイブ > スポーツ科学・栄養 > 2-1.調査目的と方法