知る・楽しむ > 健康科学研究所 > 研究&実験アーカイブ > お口の衛生 > 1-3.舌苔とは

1.舌苔と口臭|1-3.舌苔とは
舌苔とは

鏡で舌を見ると白い汚れが付着しているのが見えます。これが「舌苔」と言われる舌の表面に付着している汚れで、その実体は舌の表面や舌乳頭(舌の表面に多数ある小突起)の間に付着した細菌や、口の中からはがれ落ちた粘膜細胞、食べかすなどのかたまりで、たんぱく質を多く含みます。

舌苔は、歯垢と同様に細菌の温床であり、舌苔の中の病原菌が気管から肺に入ると、誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因となったり、厚く堆積した舌苔は味を感じる味蕾(みらい)を覆うため、健全な味覚を障害する可能性が指摘されるなど、さまざまな口腔内トラブルの発生原因となっています。

NEXT 2-1|口臭の社会生活への影響 調査目的と方法
ページトップへ戻る

知る・楽しむ > 健康科学研究所 > 研究&実験アーカイブ > お口の衛生 > 1-3.舌苔とは