お口のニオイの原因「舌苔(ぜったい)」を落とす キウイ由来成分お口のニオイの原因「舌苔(ぜったい)」を落とす キウイ由来成分

  • キウイ由来成分の研究
  • 検証・実験レポート

口臭や味覚障害の原因のひとつとされる「舌苔(ぜったい)」。
キウイ由来成分「アクチニジン」配合タブレットで、安全&手軽に除去。

「舌苔」とは、舌についた汚れ。剥がれ落ちた口腔の粘膜細胞や食べかすなどが、舌の表面に付着・堆積したタンパク質の汚れ。口臭の原因のひとつであり、味を感じる味蕾(みらい)の細胞が覆われることで起こる味覚障害の原因ともいわれている。

「健康な体づくりのためには、まずお口の健康が重要」と考え、口腔衛生を重視する健康科学研究所では、舌苔を除去するための独自の研究も進めてきた。

舌苔を除去する方法には、舌ブラシなどを使った機械的舌清掃と、舌苔に含まれるタンパク質を分解して除去する生化学的舌清掃がある。健康科学研究所が着目したのは、キウイフルーツ由来のタンパク質を分解する成分「アクチニジン」を利用した生化学的舌清掃だ。アクチニジンを含んだタブレットを舌の上で溶かせば、舌苔除去に有効であることが実験によって証明された。機械的清掃は、舌表面の粘膜を傷つけたり、舌を清掃するときに吐き気をもよおすなど、舌に対して過度の刺激を与えてしまいがちだが、タブレットであればそうした負荷も大幅に減らすことができる。

実験では、舌苔を除去することによって味覚感度も上昇することが証明されている。また、味覚感度が上昇するということは、甘味や塩味に対する感度が高くなるということでもあり、その分だけ減糖・減塩効果も見込まれる。

前のページへ次のページへ