製品の歴史
製品の歴史
栄養菓子グリコ編
ビスコ編
アーモンドチョコレート編
プリッツ編
ポッキー編
ジャイアントコーン編
カレー編
あなたのグリコ度チェック
製品の歴史トップへ
  1966   1974    
       
  1976   1981    
       
       
  1985   1998    
       
       
  2004   2007    
       
       

プリッツにチョコレートをかけ、手をよごさない「持つところがある」ポッキーは、1967年(昭和42年)に新発売、製品名は、食べる音のポッキンポッキンからつけられました。

持つところを残してチョコレートをかけるという技術は、江崎グリコならではの発想で、1969年(昭和44年)実用新案として登録しています。

その後、アーモンドをペースト状にしてコーティングしたアーモンドポッキー、イチゴ味のクリームをつけたいちごポッキーなど、価値観やし好の変化に合わせて、いろいろなポッキーを発売。お酒のテーブルに、旅行のおともに、おもてなしにと、さまざまなシーンにポッキーが登場しています。
  • 記念館フロアマップ
  • 見学等の問い合わせ
江崎記念館TOP