1861年6月22日、江戸時代、日本の長崎に初めてボウリングが伝わりました。これを記念して、日本ボウリング場協会が、1972(昭和47)年に、この日を「ボウリングの日」と制定しました。

当時のボウリング場は外国人居留地内に開設され、プレーの合間に軽飲食もできるなど、外国人たちの人気の社交場だったようです。大正、昭和に入って、どんどん日本人の間にもボウリングが広まって、今では誰からも愛される楽しいスポーツとなりました。
長崎出島には、「ボウリング発祥の地」の記念碑が建てられています。長崎を訪ねられるときには、ぜひ訪問してみてくださいね。