パンの日は、パン食普及協会が、1983(昭和58)年に制定しました。

1840(天保11)年、中国でアヘン戦争が起こりました。徳川幕府では、日本にも外国軍が攻めてくることを恐れ、その備えとして、パン作りを命じました。炊くときの煙で、敵に居場所が分かってしまう米飯に比べて、固いパンは保存性、携帯性がすぐれていると考えられたからです。 その後、1842(天保13)年4月12日、江川太郎左衛門という代官が、「兵糧パン」と呼ばれるパンを日本で初めて本格的に製造しました。パンの日は、この日を記念して作られました。

出展:食品科学広報センター 『パンのはなし』より
イメージ:パン

今では、世界中のいろいろなパンが楽しめるようになり、私たちの食卓は賑やかになりました。また小麦粉を使ったパンだけでなく、お米の粉を使ったパンも登場しました。
魅力にあふれるパンの世界を、いろいろ味わってみましょうね!